macOS Catalina 10.15.5からバッテリー管理機能が搭載、充電を制限することで経年劣化を防ぐ

macOSのソフトウェアアップデートで「macOS Catalina 10.15.5」「Security Update 2020-003 Mojave」「Security Update 2020-003 High Sierra」がリリースされました。

「macOS Catalina 10.15.5」では、ノートブックのバッテリー状態を管理できるツールが新しく追加されています。

MacBook AirやMacBook Proの内蔵バッテリーの状態を管理して、経年劣化による影響を抑えてバッテリー寿命を延長する機能になります。

MacOS10 15 5 update 03

バッテリー状態管理の設定は、システム環境設定にある「省エネルギー」から行います。

バッテリー状態管理を有効にしている場合、バッテリーの状態や充電パターンに応じてバッテリーの最大充電量が抑えられる場合があります。これは、バッテリーの劣化を抑える為ですが、家でフル充電して外でバッテリー駆動で使う場合などでは、ありがた迷惑な機能となります。

その場合は、設定で無効にしておけばフル充電できるようになります。

MacOS10 15 5 update 01

macOS MojaveやHigh Sierra向けのセキュリティアップデートを行うには、このMacについて > ソフトウェアアップデートから、“ほかにもアップデートがあります“の部分にある「詳しい情報」をクリックします。

かなり小さく表示されていますが、ここから進めばCatalinaにすることなくセキュリティアップデートを当てることができます。

MacOS10 15 5 update 02

macOS Mojave 10.14.6でeGPUを使用しているのですが、前回のセキュリティアップデートを適用したところeGPUの接続を解除するとMacが強制再起動するという症状が発生するようになっていました。

今回のセキュリティアップデートを適用すると改善されるか?とちょっと期待しましたが、結果は何も変化せず。

この症状は、eGPUでディスプレイに映像出力をしている場合のみ発生。HDMIハブでディスプレイへの出力を他の入力に切り替えると、接続解除してもMacは強制再起動しません。強制再起動したらMacからThunderboltケーブルを抜かないとちゃんと起動しません。

関連するエントリー


Warning: readfile(https://ipod.item-get.com/entry_ad_bottom.php): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/ipl2020/item-get.com/public_html/ipod/2020/05/macos_catalina_10155.php on line 317