3時間制限のあるradikoのタイムフリーで、同じ放送を何度でも聴く方法

Radiko areafreeios 02

過去1週間分のラジオ番組を何時でも聴くことができる、radikoの「タイムフリー機能」。めちゃめちゃ便利な機能ですが、1回の放送につき3時間までの制限がかかっているので、同じ放送を何回も聴くことはできません。

しかし、ある方法を使えば、何度も聴くことができます。

放送の最初の方だけ再生して中断していたら、いつの間にかご利用時間終了になっていた・・・なんていう時には、この方法を使ってみて下さい。

スマホアプリ版radikoの場合

radio.jpのアプリを一旦削除してから再インストールすれば、聴取済みの放送の履歴がクリアされるので、再び聴くことができるようになります。

めちゃ簡単ですね。

Radiko areafreeios 01

Radiko areafreeios 04

Radiko areafreeios 03

この通り、再インストール後、聴取履歴がクリアされ再び聴けるようになりました。

Chromeの場合

Webブラウザでは、Cookieを削除することで何度でも聴けるようになります。
FirefoxとChromeとで試した所、この方法が使えるのはChromeのみでした。

Radiko chromecookie 01

ChromeでのCookieの管理については、Chrome ヘルプを参照。
設定 > 詳細設定を表示 > コンテンツの設定 をクリック。

Radiko chromecookie 02

すべてのCookieとサイトデータをクリック。

Radiko chromecookie 03

radikoで検索。
×ボタンをクリックしてradikoのCookieを削除。
radikoの番組ページを再読み込みすると、再び聴けるようになります。 

Mac用アプリradikoroの場合

こちらはMacユーザーのみになりますが、Mac用のradikoアプリ「radikoro」を使えば、タイムフリーの聴取・録音が可能です。アプリを終了するときにCookieをクリアしているようで、アプリを再起動するだけで何度でも聴けるようになります。

放送時間が長い番組でも、1度聴いてから再起動してさらに録音までできます。

Radikoro areafree 01

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited