「iOS 10.3」正式リリース、ファイルシステムがAPFSになり容量がやや増加

Ios10 3

本日3月28日(火) 、最新バージョンとなる「iOS 10.3」が正式リリースされました。

「iOS 10.3」では、iPhoneを探すが「AirPods」に対応したり、SiriやCarPlayの機能強化、iTunes Movieでレンタルした作品を他のデバイスでも再生できるようになったり、iCalのスパムイベントを削除できるようになったりといった新機能が追加されています。

iOS 10.3より、ファイルシステムがAPFSに変更

大きな変更点としては、ファイルシステムがこれまでの「HFS+」から「APFS(Apple File System)」に変わります。ファイルシステムとはOSのフォーマットの種類です。これが新しいファイルシステムの「APFS」になることで、Flashストレージへの最適化と暗号化の強化が行われます。

また、Flashストレージへの最適化によって、システムに必要な容量が削減されることで、数百MB〜1GB程度ストレージ容量が増加するというメリットもあります。

iOS 10.3にアップデートする前にバックアップを

ファイルシステムが変わるので、アップデート後に何らかのトラブルに見舞われる可能性があります。念のため、アップデートの前にはバックアップをとっておくと安心です。

IOS Backup 01

iTunesに接続して今すぐバックアップ。

iOSデバイスのみで運用している場合は、iCloudにバックアップ。

設定 > iCloud > バックアップ

IOS Backup 02

iOS 10.3リリースノート

iPhoneを探す

  • AirPodsの現在の所在地または最後に確認された場所を見ることが可能
  • 片方または両方のAirPodsから音を出して探し出しやすくすることが可能

Siri

  • 支払い用Appを使用して、支払いを実行したり、請求書を確認したりすることに対応
  • 配車サービスAppを使用して、配車の予約をすることに対応
  • 自動車メーカー製のAppを使用して、車の燃料の残量確認、ドアのロックの状況確認、ライトの点灯、クラクションを鳴らしたりすることに対応
  • インディアン・プレミアリーグと国際クリケット評議会によるクリケットのスコアおよび各種記録に対応

CarPlay

  • 最後に使用したAppに簡単にアクセスできるショートカットをステータスバーに追加
  • Apple Musicの“再生中”のスクリーンから“次はこちら”および現在再生中の曲のアルバムへ移動が可能
  • Apple Musicの厳選されたプレイリストや新しいミュージックカテゴリが利用可能

その他の改善および修正

  • iTunesで一度レンタルした映画はお使いのどのデバイスでも視聴が可能
  • Apple IDアカウントの情報、設定、およびデバイスが一覧できる新しい設定画面
  • “マップ”で現在の気温を3D Touchすると、時間毎の天気を表示
  • “マップ”で“駐車中車両”の検索に対応
  • “カレンダー”に迷惑な参加依頼を削除しスパムとして報告する機能を追加
  • “ホーム”でアクセサリのスイッチやボタンでシーンを起動することに対応
  • “ホーム”でアクセサリのバッテリー残量確認に対応
  • Podcastに、3D Touchの対応を追加し、“今日”のウィジェット表示で最近更新されたコンテンツにアクセスすることが可能
  • Podcastのコンテンツおよびエピソードは“メッセージ”で共有可能になり、メッセージ上で再生が可能
  • 位置情報とプライバシーをリセットすると、“マップ”で現在地が表示されない問題を修正
  • “電話”、Safari、“メール”でVoiceOverの安定性を改善

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー