「iOS 10.3」にアップデートしたら本当に容量が増えるのか?

Ios10 3 update

「iOS 10.3」になって、ファイルシステムがこれまでの「HFS+」から、Flashストレージに最適化された「APFS」に変更されました。

「APFS」になったことでシステムに必要な容量が削減されて、ユーザーが使える容量がちょっとだけ増えるみたいですが、これが本当かどうかチェックしてみました。

「iPhone 5」32GBモデルという化石端末を「iOS 10.2.1」から「iOS 10.3」にアップデートしてみたところ・・・・28.82GB→28.8GB になりました!

・・・変わってないですね。

では「iPhone 6 Plus」64GBモデルだとどうでしょうか?

Ios10 3 iPhone6plus

おおっ!
増えてますね。

「iOS 10.2.1」の時は58.9GBだったのに、「iOS 10.3」にしたら60.18GBになりました。1.28GBの増加です。この違いは結構大きいですね。

どうやら「iOS 10.3」へのアップデートは、端末のストレージ容量が多ければ多いほど恩恵があるようです。ただ、機種によって増加量は異なるみたいなので、増える場合と変わらない場合があるかもしれません。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited