インスタ女子の8割がスマホで写真撮影、ズームがしょぼいなどの不満も

当サイトの記事には広告が含まれます。

IPhone camera

カシオが、10台〜40台の女性を対象に「SNSにアップする写真撮影に関するアンケート調査」を行い、その結果を発表しています。

それによると、8割のユーザーがスマートフォンを使用して写真撮影していますが、ズームや明るさなどでの不満もあるようです。

Instagramにアップする写真を撮影してい機材は?

  1. スマートフォン:80.27%
  2. 一眼レフ:13.8%
  3. コンデジ:12.4%
  4. ミラーレス:8.1%
  5. インスタントカメラ:5.3%
  6. その他:0.7%

8割のユーザーがスマートフォン、こだわり屋さんは一眼レフやミラーレスで高クオリティの写真撮影と、住み分けています。意外に多いインスタントカメラは、再ブームとなっている「チェキ」などで撮影したものでしょう。

スマートフォンでの写真撮影で不満に感じる点は?

  1. 明るさの調整がうまくできない:30.8%
  2. ズームがうまくできない:29.5%
  3. 持ちづらい:28.2%
  4. 撮影範囲が狭い:22.6%
  5. 加工すると画像が荒くなる:18.9%
  6. 自撮り用の前面カメラの画質が悪い:17.7%
  7. シャッタースピードが遅い:17.6%
  8. チルトシフトが作れない:12.2%
  9. その他:0.8%

スマートフォンの写真撮影では、やっぱりズームがイマイチというのがあります。大きくて重い望遠レンズを取り付ければスマートフォンでもズームもできるようになりますが、全くお手軽さがなくなるので、あまりオススメできません。

その他のアンケートで写真撮影で重視しているポイントとしては、「高画質」「ズーム」「防水」「広角」「明るく撮れる」「チルトシフト」などが挙げられますが、「iPhone 7s Plus」の様なデュアルレンズのスマートフォンなら、この重視するポイントを殆ど抑えていますね。

このアンケート結果とは別に、スマートフォンでの写真撮影が優れている点を考えてみました。

デジタル一眼よりスマートフォンが優れている点

  • 小型で軽量、ラフに持ち運べる
  • さっと取り出してすぐ撮影できる
  • いつでもどこでも持ち運ぶから、撮影のチャンスを逃さない
  • 撮影していても奇異の目でみられない

とにかくすぐ撮影できるというのが、スマートフォンの最大のメリットですね。

タフネス系のコンデジとiPhoneを持ち運んで、写真撮影はコンデジで、動画撮影はiPhoneで1080p@60fpsで撮影するのも、かなりバランスが良い使い分け。

蒸し暑いとどうしても機材の取扱が雑になるので、雑に扱っても壊れないタフネス系のコンデジは、この季節とっても重宝します。ゲリラ豪雨もヘッチャラですし。iPhoneもタフネスケースに入れていれば、余程の事がない限り壊れることはありません。

関連するエントリー

PR

 学生はPrime Studentで6ヶ月無料

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、100万曲以上の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。