Apple、2018年発売のiPhone向けにJDIの「FULL ACTIVE」液晶を検討

JDI FULLACTIVE

Appleは、2018年に発売するiPhone用の液晶パネルとして、ジャパンディスプレイの「FULL ACTIVE」の採用を検討していると、WSJが伝えています。

で、そのFULL ACTIVEとは?

ジャパンディスプレイが開発・生産するスマートフォン向けの液晶ディスプレイ。

画面下のベゼルを極限まで縮小した液晶パネルで、解像度は6インチで1080 x 2160。従来の液晶パネルよりも黒の表現力が向上していて、濡れた手で触れても誤動作しにくいという特長も兼ね備えています。

Xiaomiが最近発売したスマートフォン「Mi Mix 2」には、一足早く、この「FULL ACTIVE」液晶ディスプレイが搭載されていて、有機ELばりのベゼルレスデザインを実現しています。

Xiaomi Mi MIX

(液晶でもここまでやれる!)

Appleは、2019年までに、全てのiPhoneを有機ELディスプレイに置き換えることを計画していると伝えられていますが、有機ELパネルの生産が追いつかない場合は代替案も必要となります。Xiaomiのこの機種をみる限りでは、「FULL ACTIVE」が採用されたiPhoneの登場も十分ありそうです。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー