「iOS 11」にしても「iTunes 12.6」ならアプリの管理や同期は可能!

IOS11 itunes12 6 sync

旧機種の「iPhone 6 Plus」を「iOS 11」にアップデートしてみました。

初期のベータ版ではかなり動作が重くて心配でしたが、正式版ではまずまずの動作で、結果オーライといったところ。

32bitアプリは全て起動すらしなくなりましたが、主要アプリは全てアップデートで対応されているので特に問題なしでした。

ただ、1つ気になるのが、iTunesとの同期です。

「iTunes 12.7」ではApp Storeが削除されて、iOSデバイスとiOSアプリの同期ができなくなりました。「iOS 11」では新しいApp Storeが実装されて、今後は、iOSアプリの管理は全てiOSデバイスのみで行うことになります。

「iOS 11」にしてもiTunesでアプリの管理・同期ができる

IOS11 itunes12 6 sync 2

「iTunes 12.6」のままなら、「iOS 11」にしてもiTunesでiOSアプリの管理や同期ができました!

これまでは、最新の「iOS」と「iTunes」は同時アップデートが基本でしたが、今回は「iOS 11」にアップデートしても「iTunes 12.7」は必須とならずに、「iTunes 12.6」のままでも使うことができるみたいですね。(一応の救済策でしょうか?)

つまり、こういうこと。

  • できる(「iPhone 8」以前のiOSデバイスで)「iOS 11」と「iTunes 12.6」という組み合わせ
  • できない「iTunes 12.7」にアップデートした場合
  • できない「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」と以降のiOSデバイス

どっちみち「iPhone 8」以降は、iTunesでiOSアプリのバックアップはできなくなるのね。

追記:2017/10/15

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー