iTunes 12.7にしなくてもOK、iPhone 8やiPhone Xに対応する「iTunes 12.6.3」が秘密裏に公開中

ITunes12 6 3

iOS 11、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xをサポートしながら、iOSアプリを管理できる「iTunes 12.6.3」が、企業ユーザー向けとして密かにリリースされていたことが発見されました。

リリース日時は9月23日となっていて、多くのユーザーが「iTunes 12.7」の仕様に右往左往していた頃からあったようです。

「iTunes 12.6.3」は表向きは企業ユーザー向けとなっていますが、誰でもダウンロードしてインストールすることができます。Mac用、32bit Windows用、64bit Windows用があり、Mac用はOS X Yosemite 10.10以降をサポートしています。

このバージョンがあれば、iPhone 8やiPhone 8 Plus、iPhone Xを同期するために「iTunes 12.7」にアップデートしなくても良くなり、iPhone 8やiPhone XでもiTunesでアプリの管理が行えます。

ただし、ちょっとした不具合も報告されていて、「iTunes 12.6.x」からアップデートした場合、プレイリストが消失するという報告もあるようです。アップデートする場合は、予めTime Machineなどでバックアップをとっておくことをお勧めします。

iTunes 12.6.3のダウンロード

現在、iPhone 8やiPhone 8 Plusを使っておらず、そのまま「iTunes 12.6.x」を使っている場合は、無理に「iTunes 12.6.3」にアップデートする必要はありません。

関連するエントリー