Spectreの修正アップデート「iOS 11.2.2」で、Safariのパフォーマンスが40〜50%低下?

Ios1122update

先日、1月9日(火)よりリリースされた「iOS 11.2.2」には、CPUの脆弱性「Spectre」の対策が含まれます。

「Spectre」は、Intel, AMD, ARMと全てのCPUを対象とする脆弱性で、iOSデバイスも脆弱性の影響を受ける対象です。こちらは「Meltdown」とは違い、OSのアップデートではなく各種アプリケーションのアップデートで対応する事になっていて、Webブラウザを対策済みにアップデートするだけでも脆弱性を悪用される確率はかなり低まります。

「iOS 11.2.2」では、この対策済みのSafariとWebkitが含まれています。Appleが発表した内容によると、パフォーマンスの低下はほぼ見られなかったとしていますが、一方で、とあるベンチマーク結果ではパフォーマンスをかなり低下させることが分かりました。

Appleの公開した文書によると、パフォーマンスにほぼ影響がないかのような記述がされています。

Safari の影響緩和策を適用後のパフォーマンス低下については、Speedometer や ARES-6 のテストでは測定可能な影響はなく、JetStream ベンチマークでも 2.5% 未満の影響しかありません。

ブログMelv1nの記事では、iPhone 6を使って「iOS 11.1.2」と「iOS 11.2.2」とでベンチマークテストを実施、そのスコアを比較しています。

どのベンチマークテストを使ったかは明記されていませんが、どうやらブラウザのベンチマークのようです。

Spectrepatch benchtest 01

そのスコアを参考にすると、iPhone 6を「iOS 11.1.2」から「iOS 11.2.2」にアップデートしたことで、シングルコアで41%、マルチコアで39%ものパフォーマンスが低下してしまっています。

その他の数値も凄くて、メモリを除く全てのパフォーマンスが約40%〜50%ほど低下してしまっています。

Spectrepatch benchtest 02

iPhone 6向けの電源管理機能は「iOS 10.2.1」から搭載されているので、今回の結果には影響を及ぼしていません。つまり、「Spectre」の修正によってSafariやWebkitのパフォーマンスが約40%〜50%ほど低下しているということ。

この結果を見てしまうと、正直「iOS 11.2.2」にアップデートするのをためらってしまいそうですが、あくまでブラウザでのパフォーマンスですから、気にせずアップデートしましょう。

・・・といっても、ブラウザの機能を使うアプリは軒並みパフォーマンスが低下するんか。

関連するエントリー