Apple Watchのバッテリー膨張は3年間の無償修理の対象です

Applewatch batteryissue

Apple Watchのバッテリーが膨張して画面が外れてしまう症状。
まだまだ発生しているようです。

この症状に関しては、Appleが公式に認知している症状として無償修理の対象となります。
無償修理の期間は、購入日から3年間。

なので、初代Apple Watchの方は早めに修理に出しておいたほうがいいでしょう。

初代Apple Watchは、2015年4月24日に発売開始されたモデルなので、発売日に購入した物なら、2018年4月24日まで無償修理の対象となります。

Apple Watch Series 2は、42mmモデルのみ購入日から3年間の無償修理の対象となります。バッテリーの膨張による画面のはがれと、それにより電源が入らない場合のみ無償修理してもらえます。

無償修理の対象かどうか?など詳しいことはAppleサポートに問い合わせて下さい。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー