2018年モデル「MacBook Pro」ロジックボード故障時にデータ復旧は不可能?

Mbp detarecoverytool

2018年モデルの「MacBook Pro」は、ロジックボードが故障した場合に、SSDにあるデータをサルベージすることができない(かもしれない)という推測がMacRumorsの記事に掲載されています。

「MacBook Pro」は、2016年モデルよりロジックボード(いわゆるマザーボード)に直付けとなったオンボードSSDになっているため、故障時にSSDだけを取り外すことはできません。そのため、ロジックボードにデータサルベージ用の専用端子が設けられており、ロジックボードの故障時には、この端子を使ってSSDに保存されているデータを移すことが可能となっています。

ところが、先日の2018年モデルのiFixitの分解レポートの写真からは、その専用端子が廃止されていることが判明しました。これにより、ロジックボードの故障時にデータのサルベージが行えない可能性が非常に高いと考えられています。

「MacBook Pro」のロジックボードからのデータのサルベージには、データ移行ツールを使用します。

まず、分解してロジックボードを取り出し、ブラックボックスとなっている機材に接続します。

この時、その専用端子を使って接続します。

次に、そのデータ移行ツールと新しい「MacBook Pro」をUSB-Cケーブルで接続。
SSDに保存されているデータを新しい「MacBook Pro」に移行できるというものです。

バックアップを一切取っていないユーザーが「MacBook Pro」を故障させた時の最終手段として用いられるこのデータサルベージですが、2018年モデルではそれが使えないということになります。

端子が廃止された理由はコストカット?セキュリティ?

コストカットの為なのか?専用端子が廃止された理由は定かではありませんが、macOSのバックアップ機能であるTime Machineを使えば、外付けHDDに簡単にフルバックアップがとれますし、そのバックアップからデータの移行も簡単に行えるので、一般的なユーザーにとっては今回の仕様変更はそれほど問題ではないでしょう。

むしろ、廃棄された「MacBook Pro」から何者かにデータがサルベージされて悪用される可能性がゼロということで、逆にセキュリティ的には安全ともとれます。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー