iPhone 8のロジックボードに欠陥、無償修理プログラムが2020年まで実施

IPhone8 logicboardrepair

一部の「iPhone 8」において、「突然再起動する」「画面がフリーズする」「電源をオンにできない」といった欠陥があるということで、無償修理プログラムが発動しました。

原因とされているのはロジックボード(マザーボード)の製造上の欠陥で、発売開始の2017年9月〜2018年3月までの間に販売された「iPhone 8」が無償修理の対象となります。

「iPhone 8ロジックボード交換プログラム」のページにシリアル番号を入力すると、無償修理の対象かどうかを確認することができます。

この無償修理プログラムは、2017年9月から3年間適用されます。
てことは、2020年9月までかな。

修理方法は、Apple StoreかAppleサービスプロバイダへの持ち込み修理、リペアセンターへの配送修理があります。

混雑状況にもよりますが、配送修理であっても発送してから数日程度で戻ってきますので、辺境の地に住んでいるiPhone 8ユーザーでもそんなに困らないかと思います。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited