ヤフー、サービス利用の信用情報「Yahoo!スコア」を7/1より企業へ提供開始

Yahooscore

ヤフーが収集したビックデータを「Yahoo!スコア」として、7月1日よりパートナー企業に提供することを発表しています。

Yahoo!スコアは、本人確認、信用行動、消費行動、Yahoo! JAPANの利用行動の4つのカテゴリでユーザーを評価したもの。パートナー企業はこのYahoo!スコアをもとにして、優良なユーザーやそうでないユーザーを抽出、自社のサービスに役立てることができるようになります。

ただし、Yahoo!スコアのデータ収集はデフォでONになっていて、OFFにするには自分で設定しなければなりません。

というわけで、ユーザーが側にとってはあまり気分が良いものではありません。

パートナー企業が運営するサービスでの特典もあるようですが、それらを使うつもりが無いのなら、今のうちにOFFにしておいても良いでしょう。

Yahoo!スコアを算出するデータ内容

  • Yahoo! JAPAN IDにひもづく住所・氏名・電話番号・メールアドレスなどの情報の登録率
  • 登録された電話番号およびメールアドレスの有効性
  • 住所確認や本人確認の有無
  • ヤフオク!における取引実績や評価
  • ショッピングでのレビュー回数
  • 知恵袋での活躍度
  • Yahoo! JAPANへの支払い滞納の有無および回数
  • 利用規約・ガイドライン違反の有無および回数
  • 宿泊・飲食店等の予約キャンセル率
  • キャンセル連絡有無などの行動実績
  • Yahoo! JAPANが提供するEコマースサービス、Yahoo!ウォレット、Yahoo! JAPANカードの利用金額
  • Yahoo! JAPANが提供するサービスの利用頻度

これらの情報からスコアが算出されて、スコアが高いユーザーが重宝されるというわけです。

Yahoo IDのプライバシー設定を行う

設定はプライバシー・メール配信から行います。
ここではYahoo!スコアの他にも、広告、メール、位置情報、アプリケーション、外部企業へのデータ提供に関する設定が行えます。

Yahoo privacysettings 01

まずは、Yahoo!スコアの設定から。

Yahoo privacysettings 06

ここをOFFにすると、Yahoo!スコア自体が作成されません。
とりあえず、ここをOFFにしておきます。

ちなみに、Yahoo!スコアは以下の企業に提供されるようです。

Yahoo privacysettings 07

Yahoo privacysettings 05

その他の設定も見直していきます。

位置情報の送信・蓄積もOFFにしました。
YahooカーナビやYahoo Mapsを使う場合はOFFにしないほうがいいのか?

Yahoo privacysettings 04

Tポイント関連でCCCへの情報提供も、全く必要ないのでOFFにします。
CCCは特にやべえからな〜。

Yahoo privacysettings 02

アプリ連携については、そのままが良さげ。
このYahoo IDでは「クリックポスト」「MoneyLook」などを使っています。

無効にしてしまうと使えなくなる可能性があるので、そのままにしました。
一応、「MoneyLook」を使うYahoo IDは、PayPayやヤフオクを利用しているYahoo IDとは完全に分けてはいます。

でも、Yahooニュースだけは無効にしてもいいかな。
速報〜!とかいって無価値などうでもいい芸能ニュースを通知してくるし・・・

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー