新型iPhoneの画面内Touch ID、超音波式か光学センサー式か?

Apple UnderDisplayTouchID 02

Appleが、デバイスの画面内で指紋認証ができるようになる「次世代Touch ID」に関する特許を取得。

超音波式ではなく、光学センサーを使用して指紋を読み取る方式になることが明らかになりました。

今後、様々なAppleデバイスで採用されることになりそうです。

指紋認証といっても様々な読み取り方式があって、これまでのTouch IDは、指紋の凹凸による静電容量の変化を検出する静電容量式。その他、画面内指紋認証では、超音波によって指紋を検出するというQualcommの超音波式3D Sonic Sensorがあります。

この光学センサーを用いたTouch IDの技術は、実はすでに16インチMacBook ProのTouch IDボタンとして採用されているということで、その精度には問題はなさそうですが、新型iPhoneではどうなるでしょうか?

Appleが、次世代iPhone向けの超音波式指紋スキャナーをQualcommと共同開発しているという噂が台湾のサプライヤーから出ており、新型iPhoneの画面内Touch IDには、超音波式が採用されるという説が有力となっています。

Apple UnderDisplayTouchID 01

また、同じサプライヤーからの噂として、2020年に登場するiPad Proに画面内Touch IDが搭載されるかもしれないという話もあります。

というわけで、2020年モデルのiPhoneやiPad Proには画面内Touch IDが搭載されるとしても、今回の光学センサーを使ったものになるかどうかは、ちょっと微妙な感じ。

iPhoneやiPadは超音波式に。
今回の光学センサー式は、Apple Watchなどのデバイスに採用されるといった具合に、使い分けがされれることも考えられています。

反応が速い方を採用して欲しいですね。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited