冬場に不足しがちなセロトニンをトリプトファンのサプリで補う

Tryptophan supplements tamesu 01

年明け早々、精神的に不安定になり調子が悪め。
やる気が出ないくせに食欲は無駄にあり、眠気が凄かったりして。冬眠モードみたいな感じ。

これって、もしかして「セロトニン」が不足している?

本格的な冬が到来してから日照時間が極端に短くなり、天候も曇天が多くて、直射日光を浴びる時間がグンと減ったことで、セロトニンの分泌が足りていないのが原因っていうのはありそう。

セロトニンとは、脳内や腸内で分泌される神経伝達物質。
睡眠のリズムや体温調節、精神安定、食欲の制御などを行っているとされています。

セロトニンを分泌を促す方法としてよく言われるのが、屋外で直射日光にあたること。

また、適度な運動も必要とされているので、晴れた日の日中にウォーキングやランニングなどを行うと効果的。

それは、重々承知なのですが、なかなかそうはいかないのが現状です。

では、どうやってセロトニンを増やせばいいのか?

セロトニンは必須アミノ酸の「トリプトファン」によって生成されるので、そのトリプトファンのサプリを経口摂取して分泌を促すという方法があります。

早速、Amazonをチェックしたら、似たようなサプリが大量に販売されています。

 L-トリプトファン 120粒入り(1ヶ月分)

節操なくGABAとかグリシンを混ぜた欲張りセットのようなものありますが、とりあえずトリプトファンのみのプレーンなサプリを購入して試すことにします。

Tryptophan supplements tamesu 02

Lトリプトファンという商品で、280mgの錠剤が120粒入。
これで1ヶ月分らしい。

説明には「1日3〜4粒を目安に・・・」とあります。
4粒摂取した場合のトリプトファンの量は600mg。

過剰摂取も良くないということなので、1〜2粒で様子見することにします。

Tryptophan supplements tamesu 03

さて、効果はあるでしょうか?

セロトニンは腸内で多く分泌され、それが脳に送られますが、腸内環境が悪くなるとセロトニンが腸内で消費されてしまい脳に届く量が減ってしまうので、精神的に不安定になるという話もあります。

便秘でイラつくというのは、このためですね。

ストレスや食生活で便秘になる → 腸を動かすためにセロトニンを消費 → 脳のセロトニンが不足 →イライラ という流れ。

というわけで、かなり重要な神経伝達物質なんですね。
サプリ程度でどうにかなるものでも無い気がしてきました。

やっぱり、ちゃんと屋外で運動しよう。
サプリはあくまで補助として考えます。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー