iPhone 12の新色ブルーはカタログと実物で色味が全く違います

iPhone 12とiPhone 12 Proの実物の写真や開封動画が続々とアップされる中、ちょっとした疑問が。

それは、iPhone 12のブルーの色味が製品写真と違うということ。

IPhone12 iPhone12Pro color 01

左が実物、右が製品写真。

製品写真はミッドナイトブルーのような色味なのに対して、実物はちょっとパープルが入ったブルーという感じ。

今回のブルーは新色ということもあって、iPhone 12の人気カラーとなっています。それが、製品写真の色味とかなり違っているということで、一部では不満の声もちらほら。

この製品写真の色味を期待して注文していたユーザーにとっては、腑に落ちないところもあるでしょうね。

iPhone 12の実物の写真がこちら。
レッドも製品写真とちょっと色味が違います。

こちらは逆に、製品写真ではこれまでのレッドより淡い色合いだったのに対して、実物はこれまでのレッドと同じ色味となります。

IPhone12 iPhone12Pro color 02

グリーンは製品写真とほぼ同じ色味。

IPhone12 iPhone12Pro color 03

こちらは、iPhone 12 Proのパシフィックブルーとグラファイト。

カタログ写真と実物で色味が違うというのは、ある程度は仕方のないことです。特に、暗めの色は光の当たり具合で色味が変わるので、なかなか1枚の写真で表現するというのは難しいのかもしれません。とはいえ、このiPhone 12のブルーは明らかにブルーであってミッドナイトブルーではないので、製品写真でちょっと盛ってる感は否めません。

これからiPhone 12やiPhone 12 miniの購入を予定している方は、このことを知っておいたほうが良いでしょうね。

関連するエントリー

 U-NEXT 31日間無料体験!

国内最強のサブスク動画配信サービス。使ってみてわかる作品の豊富さ。料金分の価値は確実にある。まずは31日間無料体験で。