2021年のiOS 15でiPhone SEとiPhone 6sがサポート対象外になる

当サイトの記事には広告が含まれます。

IPhonesediscon2021

来年の秋に登場するiPhone 13に合わせて正式リリース予定の「iOS15」について、早くも情報が出ています。

イスラエルのブログThe Verifier3を情報元とする噂によると、次のメジャーアップデートとなる「iOS 15」はiPhone 7以降のモデルを対象としたアップデートになるということで、それ以前のモデルはサポートされないということです。

具体的には、「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」「iPhone SE」の3つのモデルがサポート対象外となります。

スペックや製品寿命を考えると、サポート打ち切りはまあ納得かな。

移り変わりが激しいスマートフォン界隈で発売から6年間もサポートされたということで、この3モデルは安らかに成仏できるでしょう。

ナムナム。

iPhone 13にはTouch IDが搭載される可能性が高いので、これらのモデルからの買い替えにはちょうど良いかもしれませんね。

関連するエントリー

PR

Y!mobile