iPhoneのバッテリー劣化やパフォーマンス低下をチェックする方法

IPhonebattery check

Appleが古いiPhoneのパフォーマンスを意図的に落とす機能を実装していたことを公式に認めたため、集団訴訟されるかもしれないとか。

まぁそれはどうでもいいとして、自分の使っているiPhoneがパフォーマンス低下の対象になっているのかどうかや、バッテリーの状態などを自分でチェックする方法をまとめました。

対象モデルの方は参考にして下さい。

対象とされるモデル

バッテリーが劣化してくると意図的にパフォーマンスが低下するモデルは、以下の通りです。

  • iPhone 6
  • iPhone 6s
  • iPhone SE
  • iPhone 7

これらのモデルで以下のiOSを適用している場合、バッテリー劣化時にパフォーマンスが低下します。

  • 「iOS 10.2.1」以降
  • 「iOS 11.2」以降(iPhone 7)

Appleのコメントによると、バッテリー容量が大きい「iPhone 6 Plus」「iPhone 6s Plus」「iPhone 7 Plus」は、どうやらこの対象ではないようです。

一部のiPhone 6sはバッテリー無償交換してもらえる

2015年9月〜10月にかけて製造された「iPhone 6s」のみ対象ですが、バッテリー無償交換プログラムが適用されます。本体のシリアル番号を照会して、この期間に製造されたものだと分かれば(問題があろうと無かろうと)バッテリーが新品交換されて帰ってきますので、対象のモデルの方は是非利用しましょう。

バッテリーをチェックする

バッテリーがどんな状態にあるかは、「Battery Life」というアプリで簡単にチェックできます。

 バッテリー・ライフ (Battery Life)を App Store で

App Storeから以下のアプリをインストールして起動するだけで、バッテリーの消耗状態が表示されます。また、メニューから「RAWデータ」を見ると、バッテリーの残量や電圧も分かります。

IPhonebattery joutai 02

こういう状態だと、交換したほうがいいみたい。

ベンチマークテストをする

Geekbench 4」をインストールしてベンチマークスコアを平均値と比べることで、自分のiPhoneのパフォーマンスが低下しているかどうかが分かります。

 Geekbench 4を App Store で

ベンチマークテストはCPUベンチで行い、シングルコアのスコアを平均値と比べて下さい。平均値よりも低い場合は、パフォーマンスが低下していることになります。

  • iPhone 6:1405
  • iPhone 6s:2282
  • iPhone SE:2427
  • iPhone 7:3432

IPhonebattery joutai 01

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー