秋登場のiPad mini 6にミニLEDディスプレイ搭載か

Ipadair touchid

リーク情報により、そのスペックが徐々に明らかにされていく新型iPad miniについて、気になる新情報が出ています。

サプライチェーンの動向を伝えるDigiTimesのレポートからの情報として、MacBook ProとiPad mini向けにミニLEDバックライトの出荷が8月〜9月頃から開始されるという内容があり、新型MacBook Proだけではなく新型iPad miniにもミニLEDディスプレイが搭載されるのでは?と推測されています。

現在、ミニLEDディスプレイを搭載しているのは12.9インチiPad Pro(M1)のみで、その他のiPadシリーズには搭載されていません。

その理由として挙げられているのが、現在の技術力では、小さなサイズのミニLEDディスプレイを大量生産できないということでした。新型iPad miniには8.5インチ〜9インチのディスプレイが搭載されると言われているので、11インチより遥かに小さなミニLEDディスプレイを大量生産する必要があります。

iPad mini 6は秋頃に登場すると言われていて、今回のiPad mini向けミニLEDバックライトの出荷が8月〜9月頃から開始されるという情報とは時期が重なります。

もし本当に、iPad mini 6にミニLEDディスプレイが搭載されるとすれば、iPad mini始まって以来の革新的なアップグレードを遂げることになるのは間違いありません。

iPad mini 6のスペック

  • iPad Air 4のようなデザイン
  • ホームボタンは廃止されてディスプレイが大きくなる
  • 8.5インチ〜9インチのミニLEDディスプレイ New!
  • Touch IDは電源ボタン(トップボタン)に変わる
  • A15チップ
  • USB-Cポート
  • マグネティックSmartConnector
  • 音質の良い内蔵スピーカー
  • 秋頃に登場予定

という感じで、iPhone顔負けの凄いモデルになりそうですけど、価格も跳ね上がりそうな予感。

関連するエントリー

 dアニメストア月額440円で見放題!

国内最大のアニメ総合見放題サイト。放送中のアニメからコアな作品まで配信されているのはココだけ。ダウンロード視聴もOK!