進撃の巨人Final後期は2022年1月より放送、確かに今冬だわ

Shingekinokyojin finalfinal

TVアニメ「進撃の巨人 Final Season」の後期は、来年2022年1月からNHK総合で放送開始されることが正式発表されました。

見どころ満載の前期が放送終了した時に発表されていたのは“今冬放送!”ということで、その予告通りとなりますが、結構まだまだ先ですね。

後期の放送は第76話「断罪」からで、その放送前には特別総集編、さらにリヴァイ、アニ、ミカサなどの視点で語られるオリジナルアニメも放送予定とのこと。制作会社は前期と同じMAPPA。

アニメの前期は、ライナーが空から降ってくるシーンで終わっていたので、後期はそこからの続き。地ならし発動から物語の終わりまでが描かれます。

原作はすでに完結しており、最終巻も今年の春に発売され、多くの人がどういう終わり方をするのか見ちゃった状態にあると思いますが、どういう終わり方をしたのか?あんまり覚えてない状態の人も多いんじゃないでしょうか。過程こそ刺激的ですが、終わり方は案外あっさりとしていた印象があります。

というわけで、後期の見どころはライナー降下からの戦闘シーンからの地ならしになりそうなので、前期の放送開始はちょっと注目かも。

関連するエントリー