音楽サブスクのApple MusicとサブスクセットのApple Oneが値上げ、iCloud+はまだ無事

AppleMusic neage 2210 02

先日、App Storeのアプリや課金の値上げが行われたのに続いて、Apple Musicの個人とファミリープランも値上げされました。それぞれ100円と200円の値上げで、音楽サブスクとしてはSpotifyよりも100円高くなります。

主要な音楽サブスクは配信されている楽曲がほとんど同じなので、価格や使用感でサービスを選択している人が多い中、今回のApple Musicの値上げは、ユーザーの動向に変化を及ぼすことになりそうです。

なお、Voiceと学生プランは価格据え置きです。

AppleMusic neage 2210 03

Apple Musicの料金

  • Voice:480円(据え置き)
  • 学生:580円(据え置き)
  • 個人:980円 → 1,080円100円↑
  • ファミリー:1,480円 → 1,680円200円↑

個人プランは100円値上げ、ファミリープランは200円値上げ。

Spotifyの料金

  • スチューデント:480円
  • スタンダード:980円
  • デュオ:1,280円
  • ファミリー:1,580円

価格で比較すると、Spotifyの方が100円安くなります。ただ、Apple MusicはiPhoneやAirPods、Beats製品、HomePod miniなどを新品購入すると、Apple Music 6ヶ月無料特典が利用できるというお得な一面もあります。

AppleMusic neage 2210 01

Apple Music 6ヶ月無料特典について

  • iPhone、AirPods、Beats製品、HomePod miniを新品で購入すると受けられる特典
  • デバイスをApple IDでアクティベートしてから90日以内に申し込む必要がある
  • Apple Musicに新規登録するユーザーのみ対象
  • 契約は自動更新され、6ヶ月終了後は通常の料金が発生する

また、今回のApple Musicの値上げにともない、Apple Music、Apple TV+、Apple Arcade、iCloud+がセットになったApple Oneも値上げされています。

Apple Oneの料金

  • 個人:1,100円 → 1,200円100円↑
  • ファミリー:1,850円 → 1,980円130円↑

値上げされたApple Musicを単体で契約するくらいなら、Apple Oneに申し込んだ方がトータルでお得な感じにはなりました。

なお、iCloudの価格は、2022年10月26日現在は変更ありません。

AppleMusic neage 2210 04

iCloud +

  • 50GB130円
  • 200GB400円
  • 2TB1,300円

Apple Musicは代替のサービスがありますが、iCloud+はiPhoneの自動バックアップ用途としてシステムに組み込まれているので、他社のクラウドストレージでは完全な代替サービスにはなりません。iCloud+だけは値上げされずに、このままの料金を維持してもらいたいですね。

関連するエントリー

 Amazonプライムビデオ無料30日間

月額500円でプライム会員になれば、名作映画やZ級映画、海外ドラマからアニメ、Amazon Original作品が見放題!Amazonでの買い物はお急ぎ便が使えるし、何かとお得。