AirDrop登場後は誰も使ってなかった「写真」のフォトストリームが7月26日で終了

当サイトの記事には広告が含まれます。

End the myphotostream 02

すでにAppleからメールで通知が来ているかと思いますが、「フォトストリーム(マイフォトストリーム)」が2023年7月26日にサービス終了するということで、写真ライブラリの保存と「iCloud写真」への移行が促されています。

  • マイフォトストリームが2023年7月26日に終了
  • 新しい写真のアップロードは2023年6月26日に停止。
  • すでにデバイスに保存されている写真が消失することはない。必要な写真はライブラリに保存しておくと安心。
  • iCloud写真を使えば、写真やビデオをすべてのデバイスで同期し、iCloudに安全に保管できる。

End the myphotostream 01

マイフォトストリームは、最大1000枚までの写真をクラウドストレージを介してAppleデバイス間で同期できる機能です。保存できる期間は30日間で、その間ならいつでもデバイスに保存することができます。最大の特長は、クラウドストレージの容量を消費しないということです。画像ファイルならノーカウントなので、iCloud+に登録しなくても使うことができました。

ただ、iCloudドライブを使って同期するiCloud写真と比べると、アップロードした写真の反映が遅いことや、Appleデバイス間で写真ファイルをやりとりするならAirDropが最も便利であることから、マイフォトストリームはほとんど使わないユーザーが増えていきました。

Appleとしても、フォトストリームを終了させてiCloud+のプランに誘導したいという狙いもあるでしょうし、今回のサービス終了は納得のいくところです。

これまでにマイフォトストリームに入っている写真は、デバイスに保存することでバックアップできます。場合によっては同じ写真が重複して保存されることもあるので、ちょっと面倒かもしれませんが取捨選択をするなどして対応しましょう。

iPhone、iPadでフォトストリームを保存する

  1. 写真 App を開いて、「アルバム」
  2. 「マイフォトストリーム」>「選択」
  3. 保存したい写真を選択して、共有ボタン >「画像を保存」

Macでフォトストリームを保存する

  1. 写真 App を開いて、「マイフォトストリーム」アルバムを開く。
  2. まだフォトライブラリに入っていない写真がある場合は、その写真を選ぶ。
  3. それらの写真を「マイフォトストリーム」アルバムから「ライブラリ」にドラッグ。

バックアップは、サービスが完全終了する2023年7月26日までにやっておきましょう。

関連するエントリー

PR

 無料体験 Amazon Music Unlimited

音楽聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる!インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料でお試し。