AirDropでファイル送信時に「待機中」のまま動かない時は

当サイトの記事には広告が含まれます。

AirDrop stops 02

AirDropを使ってiPhoneやiPadからMacへファイルを送信しようとしたら、待機中のまま動かなくなった!?

写真アプリから画像ファイルを数枚選択してAirDropしただけなのに、なぜこんなに待つんだろうと思いつつ、待っていても一向に送信が始まらず待機中のまま。

再試行しても結果は同じ。
一体なぜ?

Wi-Fiがおかしいのかな?
繋ぎ直そうとネットワークの設定をチェックしたら、原因が分かりました。

AirDrop stops 01

謎は全て解けた!

Bluetoothが無効になってた。

原因はこれです。

AirDropはBluetoothを使ってファイルを転送するのですが、無効にしていてもWi-Fiが繋がっていればAirDropにデバイスアイコンが表示されます。そのため、Bluetoothが無効になっているのに気が付かなかったというわけです。

Bluetoothを有効にして再試行。

AirDrop stops 03

速攻で転送完了。
画像なので一瞬です。

今までの待ち時間は何だったんだ・・・。

普段、Bluetoothは常に有効にしているものなので、たまにBluetoothデバイスの解除のために無効にしたときにそのままにしておくと、こういうミスが起こるよということで。

AirDropがおかしいな?と思ったら、まずはBluetoothを確認してみてください。

関連するエントリー

PR

 学生はPrime Studentで6ヶ月無料

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、100万曲以上の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。