AndroidからMacへNearby Shareでファイルを転送できる「NearDrop」

当サイトの記事には広告が含まれます。

NearbyShare Android to macOS 04

iOSやmacOSにAirDropがあるように、Androidでは「Nearby Share(ニアバイシェア)」を使ってファイル転送ができますが、iPhoneやMacには対応しておらず、Android間またはWindowsへのファイル転送にしか使うことはできません。

・・・というのは公式アプリだけの話で、サードパーティアプリの「NearDrop」を使うと、Nearby Shareを使ってAndroidからMacにファイル転送することができます。

これを使えば、Androidから同じWi-Fiネットワークに繋がっているMacに手軽にファイルを転送することができるので、Androidも使っているMacユーザーにとってはなかなか重宝するアプリとなります。

解答したものをアプリケーションフォルダに移動させます。
初回起動時はブロックされるので、プライバシーとセキュリティで「このまま開く」から。

NearbyShare Android to macOS 02

NearbyShare Android to macOS 03

さらに、通知を許可します。
これでインストールが完了しました。

NearbyShare Android to macOS 01

AndroidからMacにファイルを転送してみましょう。

Androidの共有メニューからNearby Shareを選択。Macが表示されるのでタップします。

NearbyShare Android to macOS 06

Macの通知でピンコードが届くので、Acceptを選択。
この確認を行うまでファイルは転送されません。

NearbyShare Android to macOS 05

NearDropをセットアップしておけばAirDropと同じ感覚で使えます。

もっと早く導入しておけばよかった。

関連するエントリー

PR

 学生はPrime Studentで6ヶ月無料

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、100万曲以上の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。