Hey Siri要らず、iOS 17では「Siri」だけでSiriを呼び出せる

当サイトの記事には広告が含まれます。

Ios17 2366

WWDC 23で発表されたiOS 17、iPadOS 17、macOS Sonomaでは、新機能として、音声アシスタントのSiriの呼び出し方が簡素化されました。

これまでは音声でSiriを呼び出す時は、「Hey Siri」と呼ぶことで音声アシスタントが起動しましたが、iOS 17、iPadOS 17、macOS Sonomaからは、「Siri」だけでも起動するようになっています。

IPadOS17 beta siri 03

早速、iPadOS 17のベータ版で試してみたところ、「Siri」だけでは起動せず。プレビューのページをチェックすると、以下の注意書きがありました。

Available in English (Australia, Canada, Great Britain, U.S.) on iPad and on AirPods Pro (2nd generation).

「Siri」だけでの呼び出しは英語でしか使えないようです。

日本語でSiriというとお尻の意味になるので、お尻の話をするとSiriも起動してややこしい・・・ということは無いと思いますが、まあこの手の新機能は英語優先ということはよくあるので、Siriを英語に設定変更して試してみました。

IPadOS17 beta siri 01

Siriを英語に変更すると、聞き取りの設定に「SiriまたはHey Siri」が追加されました。

英語でセットアップするとSiriが使えるようになります。

IPadOS17 beta siri 02

無事、「Siri」だけでも起動するようになりました。

これまで通り「Siri なんとかかんとか」で動作しますが、英語バージョンなのでそれっぽく発音しましょう。例えば、カメラアプリを起動するには「Siri Open キャメラ」と伝えます。

設定に日本語があるということは、いずれは日本語のSiriでも「Siri」だけで呼び出せるようになるでしょうね。「Alexa」みたいに、音声アシスタントの名称だけで呼び出せた方がすんなりいくというか、恥ずかしくないというのがありますね。日本語のイントネーションで「ヘイシリ」とか「オッケーグーグル!」とか、なんかハズいし。

関連するエントリー

PR

楽天モバイル