10年使ってカビた水筒から最新の水筒に買い替えたら感動した

当サイトの記事には広告が含まれます。

Mag zoujirushi 04

10年くらい使いこんだステンレスマグ(水筒)がいよいよヤバくなってきたので、新品に買い替え。

水筒の技術革新にちょっと感動しました。

10年前のステンレスマグはフタを開けて直飲みするタイプでしたが、フタにあるパッキンの裏側が黒カビに汚染されていることが判明。キッチンハイターに漬け置きしても改善されず。

有名メーカーであれば交換用のパッキンも販売されていますが、10年前のモデルはさすがに取り扱いがなく、このまま使うとカビ由来の病気になりそうだったので、買い替えることにしたわけです。

Mag zoujirushi 02

以前使っていたのと同じ象印の480mlのやつを選びました。

価格は2,000円ほど。

  • 容量:480ml
  • 本体重量:205g
  • 象印内で最も軽量、コンパクト
  • ワンタッチオープン
  • 95℃の熱湯が6時間後でも71℃以上
  • 4℃の冷水が6時間後でも8℃以下

Mag zoujirushi 01

水筒本体はかなりスリム。
パッキンは優秀で一切漏れることはありません。

フタはワンタッチオープンですが、外して直飲みもできます。

これを超えるステンレスマグって今後出るのだろうか?というレベルの完成度。

Mag zoujirushi 03

片手でオープンできるフタはかなり優秀で、カバンから取り出してサッと使えます。

カバンに入れる時はロックしておけば漏れることもなし。

ただ、1日使うには480mlだと少なすぎるので600mlにしておくのがいいかも。

象印 水筒 直飲み 【ワンタッチオープン】 ステンレスマグ 480ml ネイビー SM-SF48-AD

 象印 ステンレスマグ

関連するエントリー

PR

 本を聴くAudible 無料体験

耳を使って本を読むAudible。俳優や声優による書籍の読み上げサービスです。スマホでワイヤレスイヤホンで、本の内容を目を使わずに。移動中にも。