M3チップ搭載MacBook Airは2024年まで登場せず、10月は新型iPadの登場のみか

当サイトの記事には広告が含まれます。

Ipadmini7 sep rumor

これまで、M3チップを搭載するMacBook Airや13インチMacBook Proが10月に登場するとされていましたが、最新の情報では、M3チップを搭載するMacBookが年内に登場する可能性は低く、10月のAppleイベントも実施されないという話です。

アナリストのMing-Chi Kuoさんは、「M3チップを搭載するMacBookの新型モデルは年内に登場しない」という、これまでの噂を覆す内容のポストをしています。さらに、Bloombergのマーク・ガーマン記者は「Appleは10月に新製品の発表イベントを開催しない」としていて、10月に新型Macが発表される可能性はかなり低いとみられます。

M3チップは、これまでの5nmプロセスから3nmプロセスにシュリンクされた最新チップで、省電力性能に優れたSoCとして期待されています。省電力になると、コア数が増やせる、バッテリー駆動時間が延長する、低発熱になるといったメリットがあります。そんなわけで、ファンレスのMacBook AirとしてはM1からの買い替え候補としてかなり期待できるモデルになりますが、登場するのは2024年ということです。

ただし、マーク・ガーマン記者は「10月には(iPad Proを除く)新型iPadが登場するかもしれない」ということで、Macが出ない代わりにiPad 11、iPad mini 7、iPad Air 6が10月に登場する可能性はあります。発表イベントは実施されず、プレスリリースでの発表になるとみられています。

関連するエントリー

PR

 無料体験 Amazon Music Unlimited

音楽聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる!インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料でお試し。