Xmarksでブラウザのブックマークを同期、iPhoneからアクセスする

当サイトの記事には広告が含まれます。

xmarks3.png

ブックマーク同期サービスの「Xmarks」が、SnowLeopardのSafariにも対応しました。

Xmarksは、ブラウザに拡張機能やプラグインとしてインストールしてブックマークのデータをサーバー上に保管。その保管したブックマークデータを、ネットワークを介して同期するという無料サービスです。ネットワークを介しているので、インターネットにさえ繋がっていれば同じPCの異なるブラウザだろうと、異なるPCのブラウザ同士だろうと簡単に同期することができます。

現在の対応ブラウザはFirefox, Flock, IE7, IE8, Safari4。
また、同期したブックマークはWebからも観覧できるので、使い慣れた家のブックマークに出先のiPhoneからアクセスする、といった事も可能です。

xmarks1.png

同期は手動で出来るので、Macで使っているFirefoxのブックマークを他のPCのブラウザに反映したい・・・といったニーズにも対応できます。その場合は、まず基になるブックマークをサーバーにアップロードしておいて・・・

xmarks2.png

反映させたいブラウザでサーバー上のブックマークを手動ダウンロード。
ちなみに、ここで操作をミスってサーバーのブックマークデータを上書きしてしまっても、過去6ヶ月間のバックアップから復元できるので安心です。

iphoneverxmark1.PNG iphoneverxmark2.PNG iphoneverxmark3.PNG

iPhoneやスマートフォンからhttp://mobile.xmarks.comにアクセスすると、専用のページが表示されます。

現在、XmarksのiPhoneアプリ等は提供されていませんので、必要であれば、このページをブックマークしておきましょう。ホーム画面に追加すると、アプリ感覚で使用できますよ。

関連するエントリー

PR

U-NEXT