実は、トイレの便座より汚いキーボード

2458443387_a16b4d3723_o.png

イギリスの消費者雑誌がオフィスにあるキーボードとトイレの便座について、専門家に調査を依頼。33台のキーボードを調べたところ、4台のキーボードが「健康被害を及ぼす恐れのある細菌まみれ」でそのうち1台は、なんと「拭き掃除した後の便座の5倍汚い」ことが判明。細菌数は、許容範囲の150倍もあったといいます。

なんでキーボードが便座よりも汚くなってしまうん?ということについては、くしゃみで鼻から飛び散った黄色ブドウ球菌などの細菌が、キーボードに付着。そして、その机で食事をとったときに残った食べかすが、キーボードに付いている細菌を繁殖させてしまったのだそうです。(実際にくしゃみをしなくても、唾も飛びますし鼻をほじった指で触れば同じ。)

このニュースで思い出したのが、オフィスデスクのキーボードやマウス、女性のほうが細菌付着多いってやつ。女性が使うキーボードやマウスの細菌数は、男性の3~4倍もあったというもの。この記事での博士のコメントに以下の一文があります。

デスクで多くの時間を過ごすほど、細菌の繁殖環境も整えられることとなり、特にデスクで飲食をするならば、デスクが細菌の格好の生育拠点となりかねない

やっぱり食べかすが細菌の餌になっちゃってるんですね。

こういう場所の掃除に役立つのが、普通のウェットティッシュクリーナーじゃなくて除菌用のOAウェットティッシュクリーナー。自分が最近使っているのは、サンワサプライの食品添加物用エタノールと精製水を含んでいるタイプです。食品衛生協会の大腸菌、黄色ブドウ球菌、緑膿菌を使った抗菌力試験で、拭いてから一時間後も菌が検出されなかったと書いてあり、それなりに効果がありそうです。

キーボードでこれだけ汚いんだから、暇さえあれば触っている携帯やiPodも、もちろん「菌まみれ」、誰が触ったかわからない電車のポールやつり革は、そりゃもうえらいことになっているんじゃないでしょうか。

潔癖性な人は電車のイスにも腰掛けないそうですが、賢明な判断かも知れません。

[ パソコンのキーボード、トイレより汚い可能性=英調査 ]
[ BBC NEWS | UK | Keyboards 'dirtier than a toilet' ]

関連するエントリー