OS X El CapitanのインストールUSBメモリ作成方法

OSXElCapitan InstallUSB 09

Macのトラブル発生時にブートしたり、ディスクユーティリティを使ったり、クリーンインストールを行うのに必要になる「インストールUSBメモリ」の作成方法をご紹介します。

インストールUSBメモリ作成ツールの「DiskMaker X」を使う方法と、「ターミナル」を使う方法の2通りがあり、どちらも20分程で簡単に作成することができます。なお、作成には8GB以上のUSBメモリが必要ですが、最近はホントに安いので、1つ作っておくといざというときに助けになります。

OS X El CapitanインストールUSBメモリの作成(DiskMaker X編)

  1. OS X El CapitanをMac App Storeからダウンロード。
  2. その間に、DiskMaker XASObjC Runnerをダウンロードしてマウント&解凍、アプリケーションフォルダにインストールしておく。
  3. El Capitanのダウンロードが終わったら、USBメモリを差し込んでからDiskMaker Xを起動。

OSXElCapitan InstallUSB 01

DiskMaker Xを起動ししたら、El Capitanを選択。

OSXElCapitan InstallUSB 02

このファイルを使用。

OSXElCapitan InstallUSB 03

8GB以上のUSBディスクを選択。

OSXElCapitan InstallUSB 04

USBディスクを選択。

OSXElCapitan InstallUSB 05

USBメモリは手動でフォーマットしなくても自動でやってくれます。

OSXElCapitan InstallUSB 06

フォーマット後にファイルの転送が始まり、10分〜20分程度で作業が終了。

OS X El CapitanインストールUSBメモリの作成(ターミナル編)

  1. OS X El CapitanをMac App Storeからダウンロード。
  2. USBメモリの名前を「ElCapitan」に変更。
  3. Spotlightで“ターミナル”を検索して起動、コマンドを入力する。

OSXElCapitan InstallUSB 10

USBメモリの名前変更はFinderから行えます。

あとは、以下のコマンドをコピペしてreturn、adminのパスワードを入力すれば完了です。

sudo /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/ElCapitan --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app --nointeraction

(USBメモリの名前を「ElCapitan」と別のものにした場合は、/Volumes/ElCapitan を変更して入力して下さい。)

OSXElCapitan InstallUSB 08


B007ACYRM8
Transcend USBメモリ 32GB USB 3.0 (無期限保証)

  • 価格:¥ 1,450
  • メーカー:トランセンド・ジャパン

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited