今日のiOSアプリ「ヤフオク」「Twitter」「Camera360」「Citrix ShareFile」「Ryotei」

今回のアップデートにより、「取引ナビ」に対応しています。
取引ナビでのやりとりが投稿履歴として20件保存されるので、それを再利用することも可能。

また、出品機能もリニューアルされ「かんたん出品」が加わりました。
写真を撮影して出品するまでが、iPhoneだけで完了します。

Twitterの公式クライアントアプリ。
今回のアップデートによりアップロード機能が拡大され、画像へのタグ付けと、一度に4枚までの画像が投稿できるようになりました。

360度撮影ができるのか?と思わせて、実は良い感じのカメラアプリ。
ダイヤル式のインターフェイスで撮影モードを変更、撮影した写真の編集機能も備わっています。

編集機能には、切り抜き / エフェクト / 顔面修正 / ブラー / フレームなどがあり。
セルフィー(自画撮り)をやる人には、顔面矯正フィルターがポイント高いかも。

本格的なオフィス文書エディター。
Word (DOC、DOCX)、Excel (XLS、XLSX)、PowerPoint (PPT、PPTX)のファイルの表示・作成・編集が行えます。Wi-Fiを介して、ブラウザからファイルのアップロードにも対応。

走行ルートのログがとれるGPSトラッカーアプリ。

バージョン5.0へのアップデートにより、ログの最大記録時間が12時間→24時間に変更。また、トラッキングの一時停止にも対応し、ツーリングなどで休憩中や観光中のログ取得を行わないようにできます。その他、ログファイル(kmz / gpx / csv)の出力がDropboxに行えるようにもなっています。

(参考:ツーリングの走行記録をしっかり残すGPSトラッカーアプリ「ryotei」

関連するエントリー