粗悪な充電器やケーブルでiPhone 5が突然死するケース、原因はU2ICチップへのダメージ

IPhone 5 U2ICchip

落としたわけでも無いのに「iPhone 5」が突然故障したという人は居ないでしょうか?
あまりに安すぎる充電器やケーブルには、ちょっと注意した方がいいかもしれません。

英国の修理業者mendmyiの報告によると、iPhone 5の充電に粗悪な充電器やLightningケーブルを使用した場合、電圧が一定で無い為に、ロジックボードの「U2 ICチップ」にダメージを与えるというケースがあるそうです。

このU2 ICチップは、バッテリーやUSBの機能、スリープ/電源ボタンを制御するチップで、この部分がダメージを受けてしまうと、iPhoneが正常動作しなくなってしまいます。

具体的な症状は以下の通り

  • バッテリーが1%以上充電できなくなる
  • 電源を切ることができなくなる
  • 起動しなくなる
  • 画面が白いままうんともすんとも

これらの症状が報告されているのは「iPhone 5」のみですが、同じU2 ICチップを使用している「iPhone 5C」でもこうなる可能性はあるかもしれません。一方、「iPhone 5S」は別のU2 ICチップが使用されているので、とりあえず安心のようです。

くれぐれも、値段に釣られて安い充電器やケーブルを使用したために、高い修理費を払うハメになった!なんていう事にならないようにご注意下さい。


Apple Lightning - USBケーブル (1.0m) MD818ZM/A
Apple Lightning - USBケーブル (1.0m) MD818ZM/A

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited