Panguを使って脱獄したiPhone 4などで起動ループバグが発生、原因は明るさセンサー

 Pangu bootloop

先日リリースされたiOS 7.1.1に対応するJailbreakツール「Pangu」を使ってJailbreakした一部のiOSデバイスにおいて、起動画面がループ状態になって正常起動しなくなるバグが発生しているようです。

この状態に陥ることが確認されているのは「iPhone 4」と「iPhone 5」。
原因はどうやらフロントパネルにある「明るさセンサー」にあるようで、真っ暗だと起動しなくなり、明るくすると起動するようです。

つまり、真っ暗な部屋や明るさセンサーの部分を指で覆っていたりすると起動しないというわけ。

原因さえ分かれば 実害は殆ど無いといってもいいバグですが、今までのJailbreakツールでは一切みられなかった症状だけに、ちょっと気になりますね。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited