フォルダの右クリックメニューからDropboxの同期対象に設定できる「Boxifier」

Boxifier DropboxSyncApp 02

クラウドストレージサービスのDropboxを、より便利に使えるようにするWindows用ユーティリティの「Boxifier」。

通常、Dropboxで同期できるのはメインフォルダとその配下にあるフォルダやファイルとなるので、同期したいファイルやフォルダは、メインフォルダに移動またはコピーして突っ込むという使い方が一般的となっています。

ですが、このBoxifierを使えば、同期したいと思ったフォルダをメインフォルダに移動させずに、右クリックメニューからすぐに同期対象にすることができるんです。

Boxifier DropboxSyncApp 01

仕組みとしては、DropboxのメインフォルダにBoxifierのフォルダを作成して、そこに同期対象にしたフォルダのショートカットを作成するというものです。

BoxifierをインストールしたPCにはショートカットが作成されるだけなので、フォルダやファイルが二重に作成されることはありません。そして、サーバーにはしっかりファイルがアップロードされ、その他のPCやMacには中身のファイルまで同期されます。

Boxifier DropboxSyncApp 03

同期対象に設定したフォルダは、メニューバーのBoxifierアイコンから管理することができます。様々な場所にある複数のフォルダも一括管理できるので、混乱することはありません。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited