livedoor Readerがサービス終了を撤回、継続を検討中

Livedoorreader is dead

先日、12月25日にサービスを終了すると告知していたRSSリーダーサービス「livedoor Reader」が、前言を撤回。一転してサービス継続の意思を見せています。

livedoor Reader 開発日誌によると、ユーザーからの要望を受けてサービス継続の道を検討中であり、詳細が決定し次第発表を行うと言う事です。ただ単にそのままのサービスを継続するのであれば、詳細発表などの手順は踏まないはずなので、テコ入れもしくは収益性を見込んだ何らかの変更点があると思われます。

考えられるのは、有料プランの追加、livedoorからLINEへの看板変更。そしてLINE関係の広告などの盛り込みくらいはあるかもしれませんし、ないかもしれません。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited