iTunes Store 2014年ベストが発表、アプリでは「Hyperlapse」「Threes!」「Pixelmator」などが選出

Bestof2014 itunesstore

iTunes StoreとAppStoreにて、「Best of 2014」と題して、iPhoneアプリ / iPadアプリ / Macアプリ / 音楽 / 映画 / ポッドキャストのコンテンツ別に、それぞれ今年のベストが発表されています。

ベストということで最大公約数的な選出となっているので、納得のいくものもあれば納得のいかないものもあったりして。

iOS / Macアプリ

まず、Macアプリでは、メモツールの「Notability 」。次点として、グラフィックデザインアプリの「Affinity Designer」が選出。

iPhoneアプリでは、Instagramのタイムラプス撮影アプリ「Hyperlapse」、次点として子供写真カレンダーの「レター」。iPhoneゲームでは、数字パズルゲームの「Threes!」、次点として人気課金ゲーの「白猫プロジェクト」が選出。

iPadアプリでは、本格的なフォトレタッチアプリ「Pixelmator」が、次点として写真や動画で物語が作れる「Storehouse」が選出。iPadゲームでは、幻想的なグラフィックのパズルゲーム「Monument Valley」が、次点として美麗グラフィックのアクションゲーム「レオズ・フォーチュン」が選出されています。

映画 / 音楽 / ポッドキャスト

映画では、 大ヒット映画として「X-MEN フューチャー&パスト」、ベスト日本映画として「るろうに検診 京都大火編」が選出。

音楽では、ベストソングにファレル・ウィリアムスの「Happy」、ベストアルバムに米津玄師の「YANKEE」、ベストニューアーティストに「ゲスの極み乙女」、ベストアーティストに「BUMP OF CHIKEN」が選出。

ポットキャストでは、ラジオNIKKEIの「伊藤洋一のラウンドアップ」がオールタイムベストに、新着ベストとしてはTOKYO FMの「ビートの不思議なガレージ」が選出されています。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー