Apple、感圧タッチ式のキーボードに関する特許

AppleForceTouchKeyboard Patents

Appleが、感圧タッチ対応のキーボード「Ultra Low Travel Keyboard」に関する特許技術を米国特許商標庁に申請しています。

これはMacBookなどのラップトップ型に使用するキーボードに関するもので、キートップの中に小さいセンサーを内蔵することで、従来のキーボード様な物理スイッチを必要としないキーボードになるというものです。キーを押したときの打刻感は、触覚フィードバックによって再現されるとしています。

主なメリットとしては、キーボードユニットを従来よりも薄型にすることが挙げられます。

キーの1つ1つにセンサーを埋め込むということで、耐久性やコストの面からすぐに実用化されることは無さそうですが、なかなか興味深い技術です。

関連するエントリー