早急な削除が推奨される「QuickTime for Windows」、「Adobe Creative Cloud」利用者は慎重に

QuickTime Windows delete

Appleが、「QuickTime for Windows」のサポートを正式終了した事を受けて、深刻な脆弱性がそのままになることから、早急にこれをアンインストールして「VLC」などに乗りかえることが推奨されていますが、「Adobe Creative Cloud」を利用しているユーザーについては、「QuickTime」のアンインストールを慎重に行う必要があります。

Adobe Creative Stationの記事によると「Adobe Creative Cloud」では、Apple ProResコーデックを初め、アニメーション圧縮の読み書き、DNxHD/DNxHRの書き出しなどで「QuickTime」に依存していることから、「QuickTime」をアンインストールするとこれらの機能が使えなくなるということです。

ただし、Apple ProResコーデックについては代替として「GoPro CineForm」があること、アビッド社アプリケーションとの連携であれば、MXF形式でのDNxHD/DNxHRが使えるとも補足されています。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー