単3電池を使用するデバイスをスマホで遠隔操作できる電池型IoT「MaBeee」

MaBeee 02

クラウドファンディングサイトMakuakeで出資を募り製品化されることになった「MaBeee」が、8/4より発売開始されます。

「MaBeee」は、電源に単3電池を使用するデバイスをスマホでコントロールできるようになるというもの。中に単4電池をセットしてそれをおもちゃに装着、Bluetoothでスマホとペアリングすると、アプリから様々な操作(スタート、速度コントロール、タイマー機能)が可能になります。

複数台にも対応していて、例えば最大10台までのミニ四駆やプラレールを同時にスタートさせたりすることも可能となっています。おもちゃとしての使い道の他に、使い方によっては、実用的な用途にも利用できそうな感じ。

MaBeee 01

電源として単3電池を搭載するデバイス全てで利用できるということは・・・、これは、一部のアレな分野で革命が起きるかも?

販売価格は、1本5,378円。
1つのデバイスで使用するのは1本だけでOK。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited