「iPhone 6s」のバッテリー無償交換プログラム、シリアル番号を照合できるように

Iphone6s batterycheckshutdown

一部の「iPhone 6s」のバッテリーに不具合があり、使用中に突然電源が切れるといった症状を改善する無償修理プログラムのページが更新されました。

11/21に公開された当初は英語による告知のみでしたが、更新後は日本語による告知と共に、シリアル番号を照合して、プログラムの対象となるiPhoneかどうかを調べることができます。

バッテリー無償交換の対象となるのは、2015年9月〜10月にかけて製造された「iPhone 6s」。本体のシリアル番号を照会して、この期間に製造されたものだと分かれば(問題があろうと無かろうと)バッテリーが新品交換されて帰ってきます。

また、これまでに、この不具合によって「iPhone 6s」のバッテリーを自費で交換している場合は、費用の返金をAppleに請求することができます。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited