iPhoneやMacのFaceTimeカメラを覆う可動式カバー「Intelligent Security」

当サイトの記事には広告が含まれます。

IntelligentSec CameraCover 04

何故今まで無かったのか不思議なアイテム、スマートフォンやPCのカメラを覆えるカバー「Intelligent Security」が登場しました。

iPhoneやiPad、MacBookやiMacなどの「FaceTimeカメラ(前面カメラ)」を覆うことができる可動式のカバーで、使う時はカバーをカチャッと開けて、使わない時はカバーをしておくという使い方で、FaceTimeカメラの機能を損なわずにプライバシーを保護できるというアイテムです。貼り付けるだけなので、Apple製品以外にも使えます。

IntelligentSec CameraCover 07

変なアプリをインストールしてマルウェアに感染してしまったスマートフォンやPCでは、遠隔操作で前面カメラを使って盗撮されたり監視される恐れがあります。

マルウェア以外にも、元恋人や家族など知人による監視も含めてプライバシーを保護するには、ハードウェアとしてのカメラを覆えば一発で解決。というわけで、MacBookやiMacなどではポストイットなどの付箋やシールをFaceTimeカメラに貼り付けるのが主流。

IntelligentSec CameraCover 02

といっても、iPhoneやiPadに付箋を貼り付ける訳にはいかないので、こういうアイテムはいいかも。
保護ガラスや保護シールとの併用が難しそうなのが、ちょっとした難点?

IntelligentSec CameraCover 01

厚みは0.70mmとクレジットカードより若干薄いくらい。

iPhone 4/4S, 5/5c/5s/SE, iPadは背面カメラにも貼り付けできます。
電車などでカバーしておけば、対面している人から嫌がられないかも。

IntelligentSec CameraCover 03IntelligentSec CameraCover 05

デザインはiOSのON/OFFボタンのよう。
発売は5月頃を予定、販売価格は15ドル。

関連するエントリー

PR

 学生はPrime Studentで6ヶ月無料

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、100万曲以上の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。