iCloudやiPhoneを安全に使うために、Apple IDを2段階認証にしよう

AppleID Twofactor 01

3月末に、6億人分のiCloudパスワードが流出してハッカーの手にあるというニュースが報道されました。ハッカーは、4/7までにビットコイン7万5,000ドル分を要求していて、支払われない場合は、iCloudアカウントを利用してiPhoneを遠隔操作して情報を消去すると脅迫しているそうです。

ホントかどうか分かりませんが、期日(?)が迫っているのは確か。念のためApple IDのセキュリティを強化する為に、2段階認証(2ファクタ認証)に設定しましょう。

Apple IDの2段階認証とは

2段階認証とは、通常のログイン情報に加えて確認コードの入力を求める、2段階の認証システムです。Googleなどはランダムコードを生成するアプリを使いますが、Apple IDの場合は、iPhoneの電話番号を使って行います。

2段階認証に設定したAppple IDにログインしようとすると、iPhoneに6桁の確認コードが表示されるので、それを入力しない限りは、Apple IDとパスワードが合っていてもログインすることはできません。

Apple IDを2段階認証にする

今回は、iPhoneだけで行える設定方法になります。
まずは、設定 > Apple ID からパスワードとセキュリティをタップ。

AppleID Twofactor 04

2ファクタ認証を有効にするをタップ。

AppleID Twofactor 05

2ファクタ認証を使用
電話番号を使う事を許可します。 

AppleID Twofactor 06

これで2段階認証になりました。
早速、MacやPC、別のiOSデバイスからApple IDやiCloudにログインしてみて下さい。 

下の確認コードの入力が求められます。
確認コードは、電話番号設定を行ったiPhoneに表示されます。

AppleID Twofactor 07

Apple IDにログインしなおす必要あり

2段階認証を有効にしたら、ログインし直す必要があります。
確認コードも入力しましょう。 

AppleID Twofactor 02

AppleID Twofactor 03

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited