左右分離型のキーボード「MISTEL Barocco Keyboard」

MISTEL MD600 BUSPLGAA1 03

ギーク向きのユニークなキーボードとして登場したMISTELの「Barocco Keyboard」。

人間工学に基づいて設計された、左右を分離して使えるメカニカルキーボードです。左右を分離させることで、手首の角度を自由に設定することができるので、通常のキーボードよりも手首や肩の疲れが少ないとか。

ソリッドデザインのキーボードでありながら左右分離型なので、デザイン的にもかなりインパクトがあります。

MISTEL MD600 BUSPLGAA1 02

ストロークのあるキートップ。
キーキャップの印字はレーザー印字。

MISTEL MD600 BUSPLGAA1 01

キー配列は英語USですが、3つのプロファイルを設定可能。 
サイズは、295.5 x 124.5 x 39.5mm。重さ670g。

接続はUSBケーブルで行う有線キーボードです。

関連するエントリー

ahamo