300ドルで販売される「iPhone X」の中華クローン、その中身は・・・?

IPhoneX ChinaClone 02

YouTubeチャンネルEverythingAppleProで、「iPhone X」の中華クローンの開封レビュー動画がアップされました。

300ドルで購入したそうです。

同YouTuberが以前購入したiPhone 8のパチモノは100ドルでしたから、中華クローンとしてはかなり高価なモデルということになります。高価なだけあって見た目もかなりそれっぽく仕上がっていて、これは試作機だよと言われれば信じてしまいそうなくらい。

IPhoneX ChinaClone 03

ホーム画面やUIは、まんまiOS。
仮想ホームボタンがあります。

ディスプレイは有機ELではなく、上下に若干ベゼルが存在しています。

IPhoneX ChinaClone 05

3D Touchっぽい機能まで実装。

IPhoneX ChinaClone 06

そして、まさかの仮想ホームボタンでTouch IDを実現?

かと思いきや、ただのフェイク機能。

IPhoneX ChinaClone 07

いつものように、ベンチマークテストで暴かれる中身。

モデル名は「iPhone 8」となっていますが、OSはAndroid 6.0、CPUはMediaTek MT6580 1.3GHz、RAMは1GBという低スペックスマホがベースのようです。

IPhoneX ChinaClone 08

中身をチェック。
手作り感を隠しきれない配線が目立ちます。
何だか、初代iPhoneや昔のiPodの中身みたいですね。

内蔵ストレージはmicroSDカードのようですが、交換するには外装を外さないといけないよくわからん設計。300ドルでこれはちょっと高いんでないかい?という気がしますが、EverythingAppleProは300ドルの自腹を切るだけでそれ以上に儲かるので、誰も損していない状況。

関連するエントリー