AppleのイベントでFace IDの顔認証に失敗するシーン、ユーザーの間に不安が広がる

Faceid fail

先日のAppleスペシャルイベント内で、顔認証機能Face IDの紹介を行うデモンストレーションで認証に失敗するシーンがちょっとした話題となっています。

iOSとmacOSの開発を担当するシニア・バイス・プレジデントのクレイグ・フェデリギ(Craig Federighi)が、「iPhone X」のFace IDでロック画面の解除を行おうとするも何故か反応せず、パスコード入力画面が表示されてしまうというハプニングに見舞われたシーン。

パスコード入力をキャンセルしてから再びFace IDを試すと、無事ロックが解除されホーム画面に移行しますが、このシーンを見たユーザーからは「全然シームレスじゃないね」「Touch IDを排除したのはやっぱり失敗だったんじゃないの?」といった意見や、「このiPhone Xはクレイグ・フェデリキの物ではないので、Face IDは正常に動作したといえる」といった意見まであり、たったこれだけのネタでかなり楽しんでいるようです。

Face IDに関しては、手袋をしていてもロック解除できる、目をつぶっていると認証されないから寝ている間に第三者に使われる心配は無い(目を無理やり開かれた場合は?)といったメリットもありますが、理想を言えばやっぱりTouch IDもあったほうが良かったかもですね。

といっても、Touch IDを有機ELディスプレイに内蔵する計画は精度が悪くて搭載を断念。背面Touch IDは、ワイヤレス充電機能を付けてしまったので搭載するスペースが無いという八方塞がり状態なので、安定動作を求めるなら「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」の方が良さそうです。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー