ARKitアプリ、儲かるジャンルのARゲームが多く、教育や実用アプリは少なめ

ARApp Ranking 01

SensorTowerが、App Storeで配信されているARKitアプリを調査した結果を公表しています。

現在、App Storeで配信されているARKitアプリの内訳は、ゲームが最も多くて35%、次いでユーティリティが19%、エンターテインメントが11%。ARが活かせそうな分野として考えられていた学習は、わずか7%しかなく、写真やビデオも6%と少数です。

また、ユーザーの注目もARゲームに集中しているようです。

ゲームカテゴリは、ARKitアプリ全体のダウンロード数の53%を占めています。さらに、収益性も高く、売上は全体の62%を占めています。

要するに“儲かる”から、ARゲームばかりどんどん作られている状態のようです。

ARApp Ranking 02

こちらは、ARKitアプリのランキング。

無料アプリでは、かわいいドラゴンを飼育するシミュレーター「AR Dragon」が一番人気 。有料では、部屋などの空間を測定できるメジャーアプリ「TapMeasure」が人気です。ARKItを使った空間メジャーアプリでは「AR MeasureKit」などもあり、ARKitの定番アプリとなっています。

そして、ARkitアプリの中で最も収益を上げているのが、ARケームの「The Machines」と現実世界に恐竜を出現させる「Monster Park」。

 AR Dragonを App Store で

 TapMeasure – AR utilityを App Store で

 AR MeasureKitを App Store で

 The Machinesを App Store で

 Monster Parkを App Store で

ARKitアプリが動作する機種

ARKitアプリは、iOS 11以降を適用したA9チップ以降を搭載したiOSデバイスでのみ動作します。

  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • Phone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE
  • iPad Pro
  • iPad (2017)

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー