TeslaのモバイルバッテリーはPanasonic製18650Bを搭載、実はEVにもこれが搭載されています

Tesla MobileBattery CELL 01

アメリカの電気自動車メーカーTeslaが、11月に発売したモバイルバッテリー「Powerbank」。

電気自動車メーカーのモバイルバッテリーということで注目され、発売直後にすぐ売り切れとなり、2018年2月まで品切れ状態になるという人気のモバイルバッテリーですが、中身はどうなっているのでしょうか?

やっぱり高品質なのかな?

製品ページによると、3350mAhの18650バッテリーセルを内蔵しているとありますが、詳しい情報は記載されていません。実際に分解したYouTube動画があるので、それでチェックしていきましょう。

Tesla Powerbankのスペック

  • バッテリー:3350mAhの18650セル x 1
  • 入力:1800±200mA
  • 出力:5V/1.5A
  • 価格:45ドル 

Tesla MobileBattery CELL 02

中身はこんな感じ。
バッテリーセルは、Panasonic製のNCR18650Bリチウムイオン電池のようです。

  • NCR18650 2900mAh 
  • NCR18650A 3100mAh 
  • NCR18650B 3400mAh 
Bは、普通の18650よりも大容量となっています。
さすがTesla、ちゃんとPanasonic製セルを使っていたんですね。

Tesla MobileBattery CELL 03

Panasonic製セルといえば、ダンボーのモバイルバッテリーで有名なcheeroも、以前はPanasonic製の18650バッテリーを搭載していましたが、世界的な需要の高まりから調達が困難になったということで、LG製の18650バッテリーを搭載したモデルと併売することになりました。

その原因は・・・Teslaの電気自動車が影響しているかもしれません。

Teslaの電気自動車に搭載されているバッテリーパックには、実は、このPanasonic製18650バッテリーがが数千本取り付けられていて、高出力と高寿命を実現しているとされています。つまり、Teslaの電気自動車が売れれば売れるほど、18650バッテリーの需要が高まり、モバイルバッテリーに回す分が減るというわけです。

そんなTeslaでも、モバイルバッテリーに回す分の18650バッテリーは確保するのが困難なようで、2018年2月までこちらのモバイルバッテリーは品切状態となっています。

Panasonic[パナソニック] NCR18650B  1個 Li-ion充電池  3400mAh リチウムイオン充電池

 Panasonic NCR18650B

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited