今年発売の「AirPods」は音声認識でSiri呼び出し、2019年には防水モデルに

AirPods 2018rumor

iPhone、iPad、Apple Watchに次いでAppleの売れ線モデルとなったワイヤレスイヤホンの「AirPods」。そのニューモデルについての新情報をBloombergが伝えています。

それによると、Appleは「AirPod」をiPhoneやiPadと同じ扱いで頻繁にアップデートしていくつもりのようで、今年2018年と来年2019年にそれぞれニューモデルが登場する予定とのこと。つまり、毎年ニューモデルが登場することになると?

(現行モデルの「AirPods」は一応2代目ですが、バッテリーパックを少し改良したのみで「AirPods」の本体は初代と変わらない)

今年登場するニューモデルの「AirPods」は、ワイヤレスチップをアップグレードしているといいます。アップグレードされたワイヤレスチップは音声認識に対応していて、「ヘイシリ」でSiriを呼び出すことができるので、わざわざ「AirPods」を触らなくてもいいということです。手が汚れたり濡れている時には良いですね。

さらに、来年2019年に登場するモデルは“防水モデル”になるといいます。

現行の「AirPods」でもそこそこの防水機能は有していますが、防滴レベルじゃなくてもっとしっかりとした防水設計になるのでしょう。(防水モデルのワイヤレスヘッドホンは別に珍しくはないけど)ゆくゆくは、Apple Watchのようにスポーツラインなども登場しそう。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー