2020年秋に登場するiPhone 12にはAirPods同梱版も?

IPhone12 airpods bundle

2020年モデルの「iPhone 12」には、ワイヤレスイヤホンの「AirPods」が同梱されるかも?

台湾メディアのDIGITIMESの記事によると、完全ワイヤレスイヤホン(TWS)の需要は2020年も変わらず高いままで、AppleやSamsungは、自社のスマートフォンに自社のワイヤレスイヤホンの同梱も検討しているという話です。

Appleは「AirPods」と「AirPods Pro」、Samsungも「Galaxy Buds」など複数のワイヤレスイヤホンを発売していて、これらのワイヤレスイヤホンと最新モデルのスマートフォンを抱き合わせて販売するという計画は、確かにマンネリ気味のスマートフォン市場にちょっとした刺激を与えることになりそうです。

ただし、販売価格に与える影響を考えると、そう簡単には喜べない話でもあります。

それは、iPhoneの販売価格。

「iPhone 11」になってややリーズナブル路線に戻してきたとはいえ、それでも8万円以上するスマートフォンです。

そこに「AirPods」の価格をプラスすると軽く10万円台になり、リーズナブルとは言えなくなります。

同梱版ということで、それぞれ単品で買うよりお得な価格設定にするとなると、差額分の利益は減ります。

そこまでしなくてもiPhoneは売れていますし、AirPodsなんて何もしなくても売れる状態なので、Appleがわざわざそんなこと(伸び悩む家庭用ゲーム機みたいな売り方)をするかな?という気もしますね。

でも実は、Samsungはこれと似たような販売方法をすでに実施していて、今年発売されたGalaxy S10は、予約したら「Galaxy Buds」が無料で貰えるというキャンペーンが行われていました。

なので、Appleが最新モデルのiPhoneに「AirPods」を同梱することや、Samsungが最新モデルのGalaxyに「Galaxy Buds」を同梱することは、全然ありえない話というわけではありません。

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

関連するエントリー