2019年モデルのiPhoneはM字が全くない完全なベゼルレスデザインになる?

2019 iPhone rumor

今年の秋に登場する3モデルの新型iPhone。
5.8インチの「iPhone X」後継モデル、6.5インチの「iPhone X Plus」、6.1インチの液晶モデルについては、画面のM字(ノッチ)が小さくなる

この情報に関しては以前から出ていましたが、さらに今回の情報では、来年2019年に登場するiPhoneについても言及。画面のM字(ノッチ)が全く無くなるといいます。

情報元とされているのは謎の関係者ということで、信憑性はそれなりの噂となりますが、この噂が本当だとすれば、2019年に登場するiPhoneでは完全なるベゼルレスが実現することになります。

仮にそうなったとして、どうやってFace IDを搭載するのか?

M字の無い完全なベゼルレスになると、スピーカーホンやTrueDepthカメラの搭載する場所が無くなることになります。

これについては、ディスプレイに穴を開けて埋め込むという説、ディスプレイのブラックマトリクス領域を使用するという説があります。ブラックマトリクス領域??なんのこっちゃですが、なんかそういう特許をとっているのでそれが使われる可能性があるという推測です。

2017年に発売された「iPhone X」でも、当初は色々と計画されていましたが、技術的な問題などで実装されなかった機能があります。

完全なベゼルレスデザインは本当に実現可能なのか?

まずは、今年の秋に登場するiPhoneでどれだけM字が小型化されているのか、それを見てからですね。

関連するエントリー

6,500万曲以上が聴き放題、聞きたい音楽が広告なしで楽しめる、インターネット接続がない場所でもオフライン再生で。まずは30日間無料体験で!

 30日間無料体験 Amazon Music Unlimited